株式会社イー・グルーブ

分譲マンション・賃貸マンションのことならイー・グルーブE-GROUVにおまかせ

神戸でサンバ

2015年5月22日

みなさま、こんにちは
おおのです

とってもいい天気が続いていますね!
先週の神戸祭りのパレードの日もいい天気でした
みなさま見に行かれましたか?
私は今年初めて見に行ったのですが、こんなにもたくさんの人が見に来ているんですね
国際色が豊かで年齢層も様々な層の方がいました
サンバ隊もいろんなチームの方がいて、チームによって特色が違っているようでした
衣装も色とりどりで見ていて飽きません
それになんであんなにサンバって愉快な気持ちになるんでしょうね
サンバ隊の方たち、みんな笑顔でヘイヘイ!カモーン!と言わんばかりの盛り上げっぷりに
一人でぽつーんと見に行っていた私も思わず笑顔になってしまいました

そして観覧しながら、ふと、なんでサンバなんだろう。。。と思ったんですよね

見渡す限りサンバ。
道路のど真ん中でサンバ。
神戸でサンバ。

・・・なんで。
残念ながら、私は生まれてこのかたサンバを踊ったことも踊ろうと思ったこともありません。
突如現れたサンバが非日常すぎて疑問でした。

でも良く考えると、
そういえば、以前もハーバーランドでのお祭りでもサンバの方がいたな。。。と。

何か意味があるのかと検索してみると
ちゃんと理由があったんです

なんと、神戸は『日本のサンバの発祥の地』なんだそう
知らなかった。。。
きっかけは昭和40年にブラジル領事館の方が
親交を深めるため開催したサンバパーティー
昔から国際色が豊かで異文化を取り入れる神戸市民の特色から広がっていったのだとか

神戸とサンバにはこんな歴史があったんですね

羽をつけた女性はもちろん、ハットを被った男性たちもいい盛り上げをしてくれるんですよ

 

2014年9月12日

みなさま、こんにちは
おおのです

突然ですが、縁起のいいといわれている生き物っていますよね
たとえばへび。
抜け殻を持っているとお金持ちになれるのだとか
それから猫。
招き猫などが代表的ですよね
他にも調べてみると、たくさんいました
意外なものが、コガネムシ。
現れるとお金がたまるという縁起のいいものなのだそう
コウモリ。
害虫を食べ、福を呼ぶのだそう
でも、コガネムシやコウモリなんかは、現れてありがたやーとなるより、
ぎゃ!となってしまう人の方が多いのでは??
縁起がいいとはいえ、現れて嬉しいかは、話が別ですよね

そして、縁起がいいと言えばフクロウ
不苦労(苦労をしない)・福籠(福を閉じ込める)ともいわれ、
縁起がいいといわれています
そんなフクロウに福を分けてもらおうと、会いに行ってきました
元町にある、フクロウカフェ
なんと、ここではフクロウに触ることができるんです
動物園などで見ることはあっても触るのは初めてでした
まず出迎えてくれるのが大きな体のこの子。

笑ってるみたいな顔がかわいいです

他にも、たくさんの種類のフクロウがいて、

この子は真っ黒な瞳がとてもキュート


この子たちはとっても仲良しなメンフクロウズ


この子は北極圏育ちで寒いところでしか生きていけない種類だそう


もう、他にもキュートな子たちがたくさんでメロメロです

頭をなでることができるのですが、種類によってさわり心地もさまざま
高級羽毛布団のようなふかふかのさわり心地もあれば、
しっかりと、羽の触感を感じるフクロウもいたり
性格もいろいろのようで、
されるがままになでられる子や、
臆病者でくちばしでつつこうとしてくる子、
同じ臆病でも、ただただ震える子もいました

こうやって初めて間近で見て初めて気づいたことが一つ。

フクロウが瞬きをしているところなんですが、
これ、わかりますか??
まぶたに毛がたくさん生えているんです
そして、これ、下まぶたが上がってきて瞬きをしているんです!
ふくろうって、首がぐるぐるとまわったり、
人間とは全く違う動きをするんです。
生き物の不思議を感じますね。

みなさまもぜひ行ってみては
ちなみに中国人の女性の店員さんがいるのですが、
その娘もフクロウに負けないくらいとってもキュートです

BiBi&GeorGe HP
 

カワイイオクラ

2014年6月20日

みなさま、こんにちは
おおのです

すっかり夏のお天気ですね
休みの日の午前中にいつも掃除をするのですが、
もう暑くてたまりません
部屋はキレイになってもわたしは汗だくだくです
これから真夏になるというのに
今からこれでは先が思いやられます

毎年、この季節になると、何か育てたいと思っていたのですが、
前に住んでいた家はあまり日当たりが良くなく、
植物も育たなかったので、諦めていました
それが、引っ越しをし以前よりずいぶんと日当たりが良くなったので
植物を育て始めてみました
 

トマトにきゅうり、他にもねぎやシソ、ハーブなども育てています

冷蔵庫に野菜を入れておくと、早く傷んでしまうこともあったのですが、
バルコニーに野菜が生っていると必要な分だけ摘み取れて
いいなぁと思っています

そして。
オクラの苗が売っていたので、
最近はこんなものも育てられるのかぁと、
興味半分で育ててみたのですが・・・
お花が咲くとこぶしほどの大きさ

↑写真は閉じてしまった後なのですが。

しばらく経つと実が生ったのですがその生え方がこんな感じ。

え!おくらの実ってこんな感じで生るの??
この衝撃ってパイナップルが地面から生えるって知ったときくらいの衝撃。
てっきり、きゅうりみたいな感じで生えてくるのかと思っていたら
天に向かってそびえたつこのフォルム。
しかも生えたては産毛がたくさんで、なんだかカワイイ
お店で売っているオクラってもう少し色が濃くて硬いのに。

まだまだ小さいのでもうしばらく我慢ですが、
摘み取る日が今から楽しみです
 

あったら便利

2014年4月25日

みなさまこんにちは
おおのです

わたしの知らない間に時代は進んでいるようです。。。

というのも、先日掃除をしていると、
掃除機が全く吸引していないこと
(それどころか、ラグにホコリをなしりつけていること)
に気づき、新しい掃除機を購入しました。
さっそく掃除をしてみると、
どんどんとゴミが吸われ、掃除機の中には信じられないほどの
ホコリとゴミ。。。
今まで掃除機をかけていたのは何だったのでしょう。
吸引しない掃除機をもってせっせと床の表面をこすっていただけということなのでしょう

そして、掃除機を購入するついでに炊飯器も買いました
古いものの、故障していたわけではなかったのですが、
炊飯器を最近買った友人が、新しい炊飯器がどんなにすばらしいか、
そしてそのお米がどんなにおいしいかを語ってくれたおかげで、
新しい炊飯器も購入することに。
そして炊いてみると。。。
甘い!お米が甘い!
それから翌朝のお米がかぴかぴになっていない!!
今は、こんなにお米をおいしく炊いてくれる
新しい炊飯器がいとおしくてたまりません

こんな具合に日々の生活の中にあるものにも進化が訪れているようです

そして絵を描くという行為にも進化が見られました

それがこちら


ペンシルの先からプラスチックのひものようなものが出てきて、
立体的に絵を描くことができるというスグレモノ
絵を描くというより創作に近いような感覚かもしれません

近いうち、不動産業界でも、

「こんな感じの戸建なんかいかがですか?」
なんて商談をする日もくるかも?ですね
 

プリツカー賞

2014年3月28日

みなさまこんにちは
おおのです

先日、プリツカー賞が発表されましたね
耳馴染みのないプリツカー賞、
建築界でのノーベル賞とも呼ばれる賞だそうで、
今回の坂茂氏で日本人7人目となり、日本が最も多くの受賞者を輩出したことになるそうです

この坂茂氏の作品の特徴は「紙」が使われているのです。
坂氏が使用するのは「紙管」と呼ばれるもので、
もとは紙なので建築しやすく、廃棄処分もしやすい、そして断熱性もあることが利点のようです
木造の建物に比べれば強度は劣るけれども、そこは構造で補っているそう

坂茂氏は紙管の[建築しやすく、原料を調達しやすい]という利点生かして
被災地の支援もされているそうで、
阪神淡路大震災のときには、震災で焼けてしまった教会を
この紙管を使って再建したそうです

ぱっと見た感じだと紙でつくられているなんてわからないですよね

神戸以外でもトルコやインド中国など被災した地域で復興住宅などを建築して
世界でも活躍されています

ほかにもフランスのポンピドゥーセンターの分館なども作られているそうです


そもそも、坂茂氏のことを残念ながら知らなかったのですが、
ニュースでポンピドゥーセンターを建築したと知って
へぇ!と思ったのです
というのも先日まで兵庫県立美術館にポンピドゥー美術館展がやっており、
見に行ったばかりだったのです
とはいっても、美術館が入っているのはポンピドゥーセンターの本館の方ですが

そんな兵庫県立美術館を建築したのは安藤忠雄氏。
安藤氏もプリツカー賞を受賞しています
わたしはあの建物が好きで、美術展を見に行く時には2割くらいは
建物を見に行っているといっても過言ではありません

他にも近くで安藤氏の設計した建物がないかと
調べてみると、おもしろい観光案内がありました
コチラ
安藤忠雄の建築物を回ることのできるコースだそうです
機会があればぜひ行ってみたいと思います
 

上には上がいる

2013年10月7日

みなさま、こんにちは
おおのです

長らく更新せず申し訳ありません

さて、この更新をしていない間に秋らしくなってきましたね
・・・などと書こうと思っていたのですが、
一時の秋はどこへやら、昨日は神戸で30℃を超える天気になってしまいましたね
せっかく秋物の洋服を買ったのですが
これでは当分出番もありそうにないですね

そんな暑かった昨日、母親と山登りに行ってきました
   
母は初めて登山をしたのですが、
息を切らしながらも、休み休みゆっくり登り、
なんとか頂上まで辿り着くことができました
登りながらどんどん景色が変わり、自然を感じながら歩くことができるので
楽しんで登ってくれたようです
また行きたいと言っていたので、気に入ってくれてよかったなと思っています

その帰りに。
あの暑さで汗だくになった私たちはお風呂屋さんへ行きました
汗を落とし、疲れた身体を少し休めたあと、バルコニーで涼んでいると
そこで70代くらいのおばあさんが涼んでいました。
おばあさんは私たちに話しかけてくれて、
どこからきたの?などと話をした流れから
今日、登山に行ったんです
というと、そのおばあさんも毎日登っているとのこと。
へぇー、よく登るんですか?
と聞くと、
もう、6000回は超えているかなぁ
というではないですか

ちょうどその前日、登山が趣味の伯父のお宅へお邪魔したときに、
登山3000回と書いてある盾を見つけ、母とすごいねー!
毎日登ったとしても10年近くかかるよねー!
なんて話をしていたところだったのです

なんとその倍の数を登っているなんて
しかも驚いたことに、そのおばあさん、70代かと思ったら86歳というではないですか
60過ぎてから山に登り始めて、日課にしていたらそれだけの数になったそう

上には上がいるものです
わたしも今から始めれば6000回超えられる?かも?
 

ハイテク自転車置場

2013年8月9日

みなさまこんにちは
おおのです
ニュースでも取り上げられていましたが、
放置自転車が問題になっていますよね
産経新聞ニュース
神戸でも、放置自転車があちこちで見られます
駐輪場を増やすなどして対策しているようですが、
そんな中でもこんなに進化した駐輪場があるようです

 その進化した駐輪場とはこちら

一見、地下駐車場の入り口のような
建物があるだけなのですが、
 その内部がすごいのです

このように地下にたくさんの自転車が収納されており、

 
あらかじめ取り付けておいたICタグにより、
入口にセットするだけで自動で入庫されるのです
取り出すときも、入口でカード型のキーをかざすことにより
自動で自転車が地上まで運ばれます

地上に設置されている駐輪場と違ってスペースもとらないですし、
見た目もすっきりしていて、いいですよね
あとは、一機、1億5000万円ほどするようで、
収納できるのは200台ほどなので、
一台あたりにかかるコストは70万円ちょっと
この費用がもう少し抑えることができるようになれば
もっと多くの場所に設置されるようになるかもしれないですね

詳しい情報はこちらへ
エコサイクル
 

キャンペーン開催中

2013年6月7日

みなさま、こんにちは
おおのです

どうでもいい報告なのですが、
最近、何でもやってみるキャンペーンというのをしています
わたし個人で勝手にやっていることなのですが、
こだわりを捨てて、文句を言わず他人のススメに乗っかってみるというものです

今まで嫌いだったチーズを平気な顔をして食べたり、
今までヒールのある靴しかもっていなかったのが、スニーカーを履いてみたり、
今まで聞かなかった音楽を聴いてみたり。。。
今までやってこなかったことをたくさんしてみています
ただやってなかっただけで、意外と楽しいことが多く、
わたしは今年で28歳になりますが、
この歳になってもまだまだ初めてのことがこんなにあるんだなぁと、日々感じています

そんな中で、これはいい!と思ったのが登山です
 
本格的な道具など何ももっていませんし、
流行りの山ガールのようなオシャレな格好もしていませんが
スニーカーで登れる程度の山をちょこちょこと行ってみたりしています
登るときには暑くてたまらないような日でも
山の中は不思議と涼しくて、
鳥のさえずりが聞こえてきたり、
川のせせらぎを感じたり、
さわさわと風で葉がすれる音を聞いていると
身体が疲れても心が落ち着いていくのが感じられます
 
そして頂上にたどり着いたときの達成感が何とも気持ちよく、
これが終わったらご飯いっぱい食べるぞーっと
わくわくしながら下山するのです

小さいころは何もせずとも、
様々な機会を与えられ、
様々な人や物と出会い、
その中で学んでいくことが多かったと思うのですが、
大人になると自分から行動を起こさないと
新しい機会、人や物に出会うことなどそんなに多くはありません。
みなさまも自分から何か行動を起こしてみれば、
大人になってもどんどん新しいことに出会えるかもしれませんよ
 

壊す。創る。

2013年3月15日

こんにちは
おおのです

さて、最近、私の家の近所の建物がなくなりました
その建物がなくなってしまった風景は、
今まで見えなかったものが思いのほかまる見えで不思議な気分です
いつもその建物の前を通っていたので、
建物がなくなった道を通るのはなんだか違った道を歩いているようです

この建物は7階くらいの高さがあったので、
解体にも少し時間がかかりました
私の家の階段から、解体の様子を見ることが出来たので、よく見ていました
はさみのような機械で、固いコンクリートを引きちぎっていく様は
とても爽快です

じつは、私ごとなのですが、解体現場を見るのがとても好きなのです

解体現場は、なかなか外から見ることができないので、
見つけたときには嬉しくて何枚も写真を撮ってしまいました
これは梅田で見かけた解体現場ですが、
普段滅多に壊れないものがメキメキとこわされていくのを見ると
わくわくしてたまらなくなるのです

少し前に赤坂プリンスホテルの解体方法がニュースでやっていました

このようにビルの上層部分にカバーのようなものを被せて解体していく方法です

街中でよく見かける解体方法とは異なり、
周囲に粉じんが飛散したり、落下物を防げる方法だそうです
この工法の難しいところは同じスピードで平行に下げていくことだそう
よーく見ないと、解体がすすんだのかどうか外からわかりにくい
工法ではありますが、一度見てみたい解体でした
 

探し物はなんですか

2013年2月1日

みなさん、こんにちは
おおのです

みなさま、もう大人な方々が多いかとは思いますが・・・
最近、何かを必死に探したことありますか?
鍵やケータイ、必要なものが行方不明になり探すことはあるかとは思います
でも幼い頃のように、無意味なもの探したりしていますか?

例えば、四つ葉のクローバー

公園で無心に探したりしましたよね

例えば、キレイな貝殻

私の場合は、近くの公園の砂(たぶん海の砂だった)の中にある
小さな貝殻をずっと拾ってました

最近のおおのは、ずっと「彼」を探しています

個性的な洋服にオシャレメガネ
いつもなにかと荷物が多い、あの人です

その彼の名は・・・



ウォーリー

もう今わたしは彼に夢中です
ポケットサイズなのでずっとカバンに入れて、
ヒマさえあればずっと探しています

大人になってもこんなに楽しいなんて

絵本の可能性、無限大です
 
古い投稿 »